おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
さて、年末年始のご報告やら、新年におきましての所信やらをお伝えしたく、ブログの更新であります。
昨年中頃から、三重鈴鹿、実家の両親二人して体調が優れないとのことを、妹に任せきりでしたので、今年は早めに帰省しました。30日には、長年の友人一家が両親を見舞いに関東からわざわざ時間を使って来てくれて、気持ちが明るくなるひと時を過ごしました。本当にありがとうございました。
その後は、毎年と変わらず年賀状を書き始め、元旦朝に投函。ちょうど初日の昇る中、四日市郵便局までドライブしました。

三日に、父が故郷熊野の姉たちに会っておきたいと言い出したので、付き合って熊野へ。お正月に熊野へ行くのは30年ぶりになるのかなぁ。。父の里は熊野の山方で、生家の後ろには、険しい山が覆いかぶさっていて、夜になると、あたり一面本当に本当に真っ暗になる。街で育った子供の僕には、どうしてもそれは異次元の世界で、恐ろしいところだった。他方、今でもキャンプに出かける新鹿浜は、同じ熊野でも母の生まれた漁村で、夜には入り江の海に月明かりが反射して、それはそれは美しい浜辺なのである。これ以上ない怖さと、他では見た事のない美しい夜の浜辺の景色とが、国産みの神話で絡められて僕の原始の記憶に踏み固められている。

んで、今年齢50になる所信とやらは、また明日にでも。(いつもながらまた更新されない、か。)
では、おやすみなさい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@