月曜日、ギャラリー佑英の「日向燗」(ひなたかん)展の取材、、?と、称して佑英大森さんと共に陶芸家 光藤佐さんのお仕事場にお邪魔しました。ワタシ、お仕事場拝見は大好きですぅ。光藤さんは、今年新たに穴釜というのを作られるそうで、9月の完成を目指して煉瓦をひとつひとつ積み上げる作業をしておられました。何時間もお邪魔して展覧会の話を打ち合わせたり、写真を撮らせていただいたりしていました。その間に光藤さんが何度も出来上がる釜のことを「うれしいわー」と言われたのが印象に残ります。僕は陶芸のことは全く分かりませんが、この釜が出来たらどんなことが出来るだろうとか、こんなことを試してみようとか、作り手としてのワクワク燗、んぁ? ワクワク感を感じ取る事ができました。完成したら、また寄せてもらおーっと。2010-08-11

@